MENU
イラスト制作・漫画制作の株式会社フーモア

新卒で漫画制作会社を選んだ理由②-しおり編-

漫画の制作会社で働いてみたい。自分の手で作品を創り出してみたい。そんな気持ちを抱いたことはありませんか。今回は新卒として、弊社を選んだ入社数ヶ月後の現場の声をお届けしてまいります。現時点で就職先に悩む学生のあなた、転職先を探すあなたの強い想いが、全世界に感動を届けることになるかもしれません。今回の記事が、そんなあなたの背中を押すきっかけになれば嬉しいです。それではご紹介させていただきましょう!

目次

自己紹介

初めまして!22卒のしおりです!
2022年4月に新卒としてフーモアに入社し、
漫画事業部のディレクターとして働いています。
今回は私とフーモアとの出会いから現在に至るまでをお話します!

名前:しおり
学歴:某美術大学卒
出身:生まれてこの方ずっと埼玉県
誕生日:5/19
趣味:カラオケ/食べること/オンラインゲーム
イチ押し漫画:鋼の錬金術師/チェンソーマン

それでは本題にどうぞ!

就活の軸(やりたいこと)

私の就活の軸は、やりたいこととライフワークバランスの両立を重視したものです!

エンタメ業界で働くこと

私は幼い頃からずっと、エンタメと一緒に生きてきました。
自分の生活のモチベーションにしたり、落ち込んだときに励ましてもらったりと
様々なところで私の力になってくれています!
そしていつしか、エンタメを用いて社会に貢献したいと思うようになりました。
私がエンタメからもらった喜びを、今度は私が世間に届けていきたいと
考えるようになったのです。
また、業界を支えている人達のことを支えたい気持ちも強かったです。

ライフワークバランスは大事

完全週休2日制、年間休日120日以上という、いわゆるホワイト企業の基準ですが
ここの項目は最後まで諦めきれませんでした。
壮大な目標を話しておいて帰るときは帰るんかい! っとツッコミが入りそうです。笑
エンタメ業界で上記の基準を満たすことは中々難しい事です。
そのため、流石にこの部分は妥協しないといけないかなぁとしばらく悩んでいました。

フーモアとの出会い

志望理由

私がフーモアに魅力を感じたのは大きく3点です。

  1. ①私の就活の軸の基準を満たしていた
  2. ②新卒3期生という響きにワクワクした
  3. ③面接が楽しかった

私の就活の軸の基準を満たしていた

フーモアはエンタメを活用して企業課題を解決する会社です。
まさに私が求めていた事業が存在する企業でした!
どのように企業課題を解決していくのか、まだイメージが湧いていませんでしたが
とにかく話だけでも聞いてみよう!とコンタクトをとりました。

また、福利厚生がきちんとしている印象も受けました。
フーモアはフレックスタイム制を導入しているので、
自分のライフスタイルによって労働時間の配置を変えることができます。
予定を優先できる日が作れることはとてもありがたいです!
私は最近だと、フレックス退社し、好きなバンドのライブに行ったりしました!
個人的に一番驚いた福利厚生はエンタメコンテンツの購入の際に補助金が出ることです。
もちろん上限はあるものの、エンタメの会社っぽい!と感動しました。

新卒3期生という響きにワクワクした

フーモアは今年で創立11年目を迎え、新卒の一括採用を始めてから3年目となります。
新卒採用活動を行うにあたり、世代別に採用コンセプトが掲げられているのですが、
私たち22卒採用のキャッチコピーは「君の未来が神話になる」です!
フーモアの新卒文化を確立し、かつ会社自体を後押しできるような力強さを持って
活躍してもらいたいという想いが込められているそうです。

このコンセプトを目の当たりにしたとき、
私もフーモアの一員として活躍してみたい!とワクワクしました。
新卒のうちから何にでも挑戦しやすいというのはベンチャー企業ならではですが、
1つのコンセプトを元に集められた同期というのは何だか思い入れが強い気がします。

面接が楽しかった

多くの採用活動ではESの提出、WEBテストなどを経て、面接という流れが一般的ですが、
フーモアでは最初に”カジュアル面談”という人事や社員と気軽に話せる面談を行います。
当初の私は、携わりたいコンテンツややりたい職種などが定まっていなかったので
フーモアと業態が似ている企業を紹介していただいたり、
フーモアで働く上で向いていそうな事業部の話を聞かせていただきました。

カジュアル面談も面接も社員の方がラフな雰囲気で接してくださったので
特別緊張せずに、自分のやりたいことをぶつけることができました!
また、エンタメの話で盛り上がれたのもとても楽しかったです!

入社までの流れ

私はフーモアから内定をいただいた時点で就活を終了しました!
内定の連絡があった週末に髪を真っ赤に染めてしまうほどの思い切りの良さです。笑
無事、内定をいただいた後はインターンへの参加の可否を選ぶのですが、
私はインターンに参加しない方を選びました。
そのため、同期とは内定者交流会のときだけオンラインで顔を合わせていました。

現状について

漫画事業部の営業を1ヶ月半経験した後、現在はディレクターとして勤務しています。
約1ヶ月間、実際に扱った商材を用いながら制作研修を行いましたが、
漫画制作の知識が無い状態での進行はとても難航しました。
ですが、段階を追うごとにできることが増えていくのは楽しかったです!
今後は本格的に案件を持つようになり、ディレクターとしての漫画制作が始まります。
今は分からないことの方が多い状態ですが、できることを着実に増やしていき、
1年後には得意分野の商材を見つけられるようになっていたら嬉しいです!

まとめ

私は第1志望としてフーモアを選び、入社しました。
ときたま、しんどいときや落ち込んでしまうときもありますが、
心の底からここで働きたいと思い、入社したからこそ乗り越えられています。
私にとっての1社目がフーモアで本当に良かったです!
これから徐々に、働き方に自分の色を出していけるように頑張ります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

どうも!フーモアくんです!こちらでは、ビジネスや日常の場で役立つ漫画の情報をコラムとして定期的にお届けしていきます!気になる記事があればチェック!ご質問や気になることはお気軽にお問い合わせください。

目次
閉じる